ツクツクボウシ 時期

田舎暮らし

暑さ寒さも彼岸までといいますが、お盆を過ぎたら気温は下がったもののずっと雨模様が続いている。

騒がしく泣いていたクマゼミや、アブラゼミの鳴き声がなんだか静かになったような気がするなか、家の裏のゴルフ場の方からなんだか聞き覚えのある鳴き声がする。

耳を澄ましてその鳴き声を確かめる。

「ジーーー…クックックッオーーーシ…クックックッ、オーーーシ、ツクツクオーシ、ツクツクオーシ」

え?

ツクツクボウシの鳴き声がする!

「もう、そんな季節になったのか」

やっぱりツクツクボウシの鳴き声を聞くと夏の終わりという感じがしますよね。

ツクツクボウシ

調べてみると、やはりツクツクボウシの鳴く時期は7月中旬から9月下旬にかけてで、そのピークは8月後半から9月初旬らしい。

7月中旬ごろから鳴くとは知らなかったのですが、これは地域性もあるのかもしれませんね。

因みに、朝は6時頃から夕方の18時頃まで、一日中鳴いているそうですよ。

余談ですが、セミの一生は短いと言いますがじつは幼虫で過ごす期間が7年くらいあるそうです。

だけど、成虫になって地上に出てきたセミの寿命は1週間程度なんですから、やっぱり楽しい時期が1週間というのは儚すぎますよね。

そんなことを思いながらツクツクボウシの鳴き声を聞くと、なんだか哀愁を感じてくるのは私だけでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました